現在スポットライトを浴びるメソッドの酸洗いとは!

金属生産品に活用される酸洗いの目的及び有効性

酸洗いの本当の目的は、金属生産品を酸性の溶液へと浸すことを通して表面においてこびりついている酸化物を洗浄して一掃することです。こういったものに活用される酸は、硫酸、あるいは塩酸があります。 熱によりまして対処された金属生産品の表面においては膜や錆が生じます。こうした膜及び錆といった汚れを酸洗いによりまして除くことを通じて素材を綺麗できます。それに加えて金属製品にメッキ加工をするときには酸洗いは必須条件として実行します。そういったことをしなければ膜並びに錆によりまして製品の故障が生じるためです。それからそれらの他にもチタンを取り扱う時にも酸洗いという形で膜を除かなければ光沢を出すことができなくなります。以上のように酸洗いは金属生産品の表面加工をするときには、求められるものといえます。

酸洗いの利点と留意すべき点

酸洗いは金属生産品を楽に綺麗にすることができることがメリットです。手間ひまかけて生産品を磨くことは要されず、ただ単に溶液へと漬けておくだけで十分汚れを除去できます。それからこびりついている執拗な錆、あるいは汚れに関しても取ることができますので金属生産品を申し分なく仕上げたい、汚い部分を直ちに落としたいとお考えの人にはうってつけになります。さらに電解研磨もしくはショットブラスト加工といった工法と比較して費用が抑えられます。しかしながら留意すべき点として酸洗いは人間の身体に悪影響を及ぼすおそれがある溶液を利用するので扱いには気を付けることが必要です。酸洗いを行なうときには適正な基本的知識と下準備が必要です。

酸洗いとは機械加工技術用語で、金属に付着したサビや酸化物などを塩酸や硫酸などの酸性溶液に浸けることで除去する作業のことを指します。

Releated Post