普通自動車免許を取得しよう!三つの方法と費用の違いとは

普通自動車免許は三種類の取得方法がある

普通自動車免許を取得するためには免許センターで免許証の交付を受けなければなりません。そのための条件として知識と技術が十分にあることを示さなければなりませんが、基本的な方法には三種類あります。一つは昔からよく行われている方法で、自動車教習所に通って学科試験や技能試験に合格することで免許を取得する方法です。これに類似している二つ目の方法として挙げられるのが合宿免許で、教習所に通う代わりに二週間程度の期間を使って合宿で教習を受けます。三つ目の方法は一発免許と呼ばれる方法で、運転免許センターに行って直接試験を受けて合格すれば免許が交付されるというものです。どの方法でも取得できる免許には違いがありません。

費用面を考えてみるとどれが魅力的か

普通自動車免許を取得するのにかかる費用は莫大になりがちです。取得方法によって典型的な費用にも違いがあるので、どれが最も魅力的かを考えてみましょう。最も安上がりになるのが一発免許で、二万円少々で取得することが可能です。これは学科や技能に関する講習を受ける必要がなく、教習所に入所するための費用もかからないのが主な理由です。教習所に通って取得するときにはAT限定なら26万円、MTなら30万円が相場となっています。それに対して合宿免許の場合にはAT限定なら14万円、MTなら28万円という相場です。合宿の方が短期間で大勢の教習生を処理できるため、教習所としても効率が良く、安く教習費用を設定しやすいのです。

合宿免許は短期間でしかも低料金で運転免許が取得できますので、時間もお金もあまりかけたくない方に、強くお勧めでできます。

Releated Post