LEDなら交換頻度が減る!!蛍光灯との差も知っておこう!!

交換作業を少なくできる

大きなビルにおいて、ある人には毎日の日課があるそうです。それは電球や蛍光灯の交換です。非常に大きいビルなので館内に多くの照明が設置されています。すると毎日どこかで切れた状態が発生します。電球や蛍光灯は寿命があまり長くないので、短いスパンで交換をしなければいけません。LEDの照明に変更したらどうなるかですが、交換作業を大幅に減らせるかもしれません。照明器具によって性能差があるものの、白熱電球の40倍、蛍光灯の4倍の寿命があるとされています。一気に交換をするとなると大変になりそうですが、一度交換を終えれば次に交換をするのは大分先になるかもしれません。大きなビルでLEDにすると、毎日の交換業務はなくなる可能性があります。

蛍光灯からLEDにすぐに交換が必要か

白熱電球は100円ショップで2つ100円で売られています。これだと一つ50円です。しかし電気代がかなり掛かるとされていて、一つ数千円するLED電球と交換しても数か月もすれば元が取れるとされます。購入は大変ですが、電気代まで考慮するとすぐにでも白熱電球はLEDに交換した方がいいと言えるでしょう。では蛍光灯をLEDに変更すべきかどうかです。蛍光灯は30ワットタイプで500円ぐらいなのでLEDよりもかなり安くなります。では電気代はどうかですが、LEDの2倍ぐらいになります。となると慌てて蛍光灯をLEDに換える必要はなさそうです。長期的にはLEDの方がお得になるでしょうが、今使っているものを交換してまでではないでしょう。徐々に交換していくようにしましょう。

LEDライトパネルは、環境への配慮がなされているとして好意的な評価を多く集めています。今後もますます伸びが期待できるでしょう。

Releated Post