女としての自信を取り戻す!膣のゆるみの原因と改善方法

膣がゆるんでいるサインとは?

膣の緩みは自分自身ではなかなか気づきにくく、パートナーに指摘されて気づく人も多いようです。自分自身で気づくサインとしては、湯船に浸かって立ち上がったときに膣から水が流れ出たり、くしゃみや咳をした時に尿漏れしたりなどがあげられます。では、膣の緩みとはいったいどのような原因で起こるのでしょう。

膣のゆるみの原因とは?

膣のゆるみの原因は、骨盤底筋群の筋力が低下することにより起こるとされています。骨盤底筋群とは骨盤の底にあり、子宮や膀胱を支えている筋肉です。運動不足で筋力が弱ったり、出産のときに筋肉が引き延ばされ戻らなくなったりすることで、膣のゆるみを引き起こしてしまいます。

膣のゆるみの改善方法

膣のゆるみを改善する方法としてはエクササイズがあります。足を肩幅に開いて椅子にまっすぐ腰掛け、リラックスして膣と肛門を締めます。5秒ほどその状態をキープしたら、ゆっくり力を抜いてゆるめましょう。骨盤底筋群を鍛えることができ、膣のゆるみを改善できます。5回を1セットとし、1日に5セットほど行いましょう。自宅はもちろん、オフィスなどでも簡単にできるのでおすすめです。

もっと手っ取り早く膣のゆるみを改善したい人には、美容整形外科での施術もあります。膣内部にレーザーを照射したり、高周波を照射したりして膣のゆるみを改善する方法です。メスを使わない施術なのでダウンタイムも短く、施術時間も30分から1時間と短いのが魅力です。費用は、15万円から30万円程となります。

膣圧を鍛えられるのをご存知でしょうか。股関節を動かす運動で膣周辺の筋肉を鍛え、伸縮性を高めて鍛えることができます。これは男性が気持ちいいだけではなく、処女喪失の痛みを減らすことにも繋がります。

Releated Post